両親との二世帯住宅

A-9 ・鑑定相談

  • 一般的には二世帯住宅は、両親とその息子夫婦か娘夫婦かの
    共同住宅が殆どです。
  • その場合は若夫婦には子供が生まれますので世代的には三世代の
    共同住宅となります。
  • 平面的に分割された二世帯住宅の場合には、
    老夫婦と若夫婦の割付は、子供部屋も必要で若夫婦の居住空間のほうが
    大きくなりますので平面的には左右シンメトリーにはなりません。
  • この際に注意する点は、両夫婦の戸境壁を凸凹にしない事。
    直線壁の割付でなければ凶相となります。
  • 各々家相診断して個別の鑑定となります。
    全体相としては道路からのアプローチと玄関配置と張り欠けだけを診断します。
  • 少ないパターンですが生活空間が上下に分かれた二世帯住宅は
    各々、階別に鑑定します
  • この際注意点は、必ず水回りの配置は上下を揃えて計画して下さい。
    強い凶相が顕現します。
  • 水回り以外では仏壇?神棚がある場合は
    上下の階の用途計画は慎重に行って下さい。

    • 戻る


      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆






☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆