九星気学と方位

九星気学と方位


年盤・月盤・日盤・刻盤 
 

九星気学では下記の八方位によって運気の
吉凶を診断します。

生年により定まる九星を本命星
生月によって定まる九星を月命星、といいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

◆ 九星気学とは

  • 九星気学は九星術を元に日本の研究者が明治後期にまとめました。生年月日の九星と干支、五行を組合わせたものです。これは方位の吉凶を知るために使われます。
  • 九星気学は生年月日による九星及び十二支と、方位の吉凶を診断したい日の九星と十二支を元に診断します。
  • 九星と十二支は年・月・日・時の各々にあり方位盤も年盤・月盤・日盤・刻盤とありますが、運勢に影響の大きい要素は年と月です。
  •  九星は一定の法則で各方位を巡回しますが 、この動きを遁行(とんこう)といいます。生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の運気を占います。

◆ 九星気学で見る貴方の本命星

  • 下表に照らして貴方の本命星を知りましょう。
    • 1/1〜2/3生まれの人は前年の星になります
一白水星(いっぱくすいせい) 昭和2・11・20・29・38・47・56平成2・11・20
二黒土星(じこくどせい) 昭和1・10・19・28・37・46・55平成1・10・19
三碧木星(さんぺきもくせい) 昭和9・18・27・36・45・54・63平成9・18
四緑木星(しろくもくせい) 昭和8・17・26・35・44・53・62平成8・17
五黄土星(ごおうどせい) 昭和7・16・25・34・43・52・61平成7・16・25
六白金星(ろっぱくきんせい) 昭和6・15・24・33・42・51・60平成6・15・24
七赤金星(しちせききんせい) 昭和5・14・23・32・41・50・59平成5・14・23
八白土星(はっぱくどせい) 昭和4・13・22・31・40・49・58平成4・13・22
九紫火星(きゅうしかせい) 昭和3・12・21・30・39・48・57平成3・12・21

◆ 九星気学で見る貴方の月命星

  • 下表に照らして貴方の月命星を知りましょう。
    年の九星 一白,四緑,七赤 二黒,五黄,八白 三碧,六白,九紫
    2月 2月4日〜3月5日 八 白 二 黒 五 黄
    3月 3月6日〜4月4日 七 赤 一 白 四 緑
    4月 4月5日〜5月5日 六 白 九 紫 三 碧
    5月 5月6日〜6月5日 五 黄 八 白 二 黒
    6月 6月6日〜7月7日 四 緑 七 赤 一 白
    7月 7月8日〜8月7日 三 碧 六 白 九 紫
    8月 8月8日〜9月7日 二 黒 五 黄 八 白
    9月 9月8日〜10月8日 一 白 四 緑 七 赤
    10月 10月9日〜3月5日 九 紫 三 碧 六 白
    11月 11月8日〜3月5日 八 白 二 黒 五 黄
    12月 12月8日〜3月5日 七 赤 一 白 四 緑
    翌年1月 1月6日〜3月5日 六 白 九 紫 三 碧

◆ 五行による九星の吉方凶方 貴方のラッキースター 

  • 九星と五行(木、火、土、金、水)の相性から、相性の良い九星(相生・祐気)と相性の悪い九星(相剋・剋気)があります。この相性は星自体の相性で、人間関係とは別です。
  • 相生とは、「木は火を生じ、火は燃え尽きて土を生じ、土は金を生み、金は冷えて水となり、水は木を育てる」という、相互扶助の関係をいいます。
  • 相剋とは「木は根を張って土を制し、土は水を抑え、水は火を消し、火は金を溶かし、金は斧となって木を砕く」という、相互拮抗の関係です。
  • 本命、月命を下表に照らしてみましょう。
    相生相剋(そうじょうそうこく)表
 貴方の星  相生・祐気 相剋・剋気
 本命星・月命星  生気(大吉) 比和(中吉) 退気(吉) 殺気(凶) 死気(大凶)
一白水星 六白・七赤 三碧・四緑 二黒・八白 九紫
二黒土星 九紫 八白 六白・七赤 一白 三碧・四緑
三碧木星 一白 四緑 九紫 二黒・八白 六白・七赤
四緑木星 一白 三碧 九紫 二黒・八白 六白・七赤
五黄土星 九紫 二黒・八白 六白・七赤 一白 三碧・四緑
六白金星 二黒・八白 七赤 一白 三碧・四緑 九紫
七赤金星 二黒・八白 六白 一白 三碧・四緑 九紫
八白土星 九紫 二黒 六白・七赤 一白 三碧・四緑
九紫火星 三碧・四緑 二黒・八白 六白・七赤 一白
  • たとえ本命星、月命星の吉方であっても、その年の年盤により
    凶方になる場合があります。
  • 九星気学では、方位にこれだけは避けて下さいとアドバイスする凶殺という方位が有ります。
    詳しくは五大凶殺とはのページを参照下さい。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆