土地相

家相と土地相

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

◆土地相・立地の【風水】方位と環境

・・・ 土地

  •  地相はまず転居移動の際の方位取りで九星気学による方位診断が必要になります。これは当ホームページの九星気学と方位のページを参照してください

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 




◆用途地域

  • 土地相による吉凶立地は都市計画法の用途地域(住居地域、準工業地域、商業地域・・等々)で周りの環境も変わり建物自体の構造規模も大きく違い家相に影響します。例えば住居地域に高層マンションの建設は法規的に不可能ですので高層マンションに住みたければ商業系の地域になります。
  • 商業系用途地域の地相は周りの建物も高層が多く、マンション家相は下の階ほど日当たりが悪く家相的にも良好とは言えません。騒音も昼夜問わず大きいかもしれません。
  • しかし商業系の地域は生活にとって非常に便利がよくスーパーも病院も銀行も遊ぶ場所も近くにあります。メリット、デメリットを精査して自分の目的に添って立地を選択してください。

◆活断層と土地相

  • 活断層とは、地質学的に約200万年前から現在までの期間に動いた断層で今後も動く可能性が大きい断層のことをいいます。
  • 分譲マンションや一戸建てを購入する際には活断層の位置を必ず調査して地相を精査してください。地方自治体の都市計画課やウエブ上でも調べることが出来ます。
  • 建築基準法では震度6強〜7程度で倒壊しないことを目標に構造強度を定められていますが、逆に言えば震度7を超えると倒壊の可能性があると言うことです。土地相、風水に大きな影響を与えます。
  • 震度7強などとという大地震は滅多に来るものではありませんが土地を探す場合は活断層近くの立地は避けて地相の風水凶相を回避しましょう。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

◆ 道路、河川、公園、山、

 【路殺】

  • 前面道路の質により地相の吉凶が変化し家相に影響します。
    国道等、街を貫く幹線道路に面した立地は避けましょう。

    土地相診断では幹線道路から一本入った幅員10m前後の
    前面道路で東に面した道路がベストでしょう。
    駐車場出入り口付近に横断歩道、信号機がある配置は
    土地相凶です。

    又玄関、エントランスの配置の間取りが路殺の相の場合は
    大凶です。注意しましょう。

 

  • 路殺の相とは・・

    ・行き止まり道路の突き当たりの土地。

    車


    ・L字型道路の突き当たりの土地。

    ・T字型道路の突き当たりの土地。

    等ですが直角でなくても角度をもって突き当たった場合でも同じ事です。
    この場合直線上に家屋があれば土地相は大凶です。
    必ず避けて下さい。



 【河川】

  • 土地の近くに河川がある場合、
    清流であっても地相風水は凶相に振れて家相的にあまり好ましくありませんが、
    その川幅以上に敷地の距離が離れている立地であればいいでしょう。



 【公園】

  • 近くに公園がある場合、子供の遊び場がある事は喜ばしい事ですが、公園の周りが高い樹木で囲まれている等の見通しの悪い公園は地相風水は凶で家相に影響します。又、幹線道路を挟んだ向かいの位置に公園がある場合も地相風水はよくありません。
  • 大きな公園の場合は必ず現地に行って自分の目で確かめる事が肝要です。
    環境、メンテナンス、風紀、利用実態、特に鳩の生息状況。
  • 鳩が住み着いている公園が近接している土地は購入を見送って下さい。
    糞害に悩まされます。これは神社についても同じことが言えます。



 【山・高層ビル】

  • 周りにあまり高い山やビルは好ましく有りませんが、特に東に高い山、高いビルがあれば土地相風水は凶です。これは避けましょう。南は太陽に角度が有りある程度日は射しますが、朝方の太陽は低いため、高い山やビルが有ると昼まで日が射しません。注意しましょう。

◆ 高圧線


スウェーデンでは高圧線から水平距離で500m以内は居住禁止としています。
高圧線近くの敷地は大凶です。電磁波の影響で白血病3倍、小児ガン約2倍の発症率というアメリカでの報告もあります。

 

電磁波の規制値は欧米では2mmガウス、日本では5万mmガウスとしていますが、この差は一体何でしょう。
おそらく国土の狭小な日本で欧米並みの規制値だとインフラ整備が成り立たないからではないでしょうか。

かつ地磁気も乱れ土地相大凶で風水、家相以前の問題です。

  • 少なくとも高圧線から500m以上離れている事が条件です。そこで測定器(ガウスメーター)で夏期の電力消費量の大きい13時前後に測定して2ミリガウス以上の敷地は極力避けてください。

◆ 過去の禍

  • 過去に凶事がないか調査が必要です。(火事、事件、墓地、神社、古戦場、刑場跡)
    不動産屋や地域の識者(区長等)に聞く程度でいいでしょう。過去の風聞に残らない程度の凶事は風水上はたいした事は有りません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆