正中線と四隅線

家相風水・正中線と四隅線

正中線四隅線はその方位の気の聖域がベクトルとして顕在化したものです。決して怖いもの、危ないものではありません。

これを疎かにせず汚さず、正しく間取りを用いれば家相を吉相に導きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

・ 正中線 (せいちゅうせん)、四隅線 (しぐうせん)・

家相盤

八方位では通常の地図とは反対に下を北、上を南に表示します

正中線とは家相盤上で東西の線と南北の線が重心で直交した線をいいます。

四隅線とは北東から南西の線、南東から北西の線が重心で直交した線です。鬼門・裏鬼門は北東から南西の角度に存在します。

  • 「正中線」と「四隅線」は家相盤の上の九星の重心(中心)を走る線となる為、
    各星の聖域の要素を孕みます。
  • 正中線」と「四隅線」上の聖域には、欠けは厳禁です。
  • この線上に、不浄物(トイレ(便器)、シンク(流し台)、浴室(浴槽)、ゴミ置き場、浄化槽等)、キッチン(コンロ)、門や出入り口、玄関、開口部がかからないようにします。マンションの場合、玄関は大半が凶相です。構造上やむおえない場合がほとんどですが、建築学的に対処しましょう。
  • 開口部(窓、ドア)で掃き出し窓、や外部ドアは、この線上にかからない事。
    出入り出来ない窓は凶相が軽減されます。
  • 「正中線」と「四隅線」上に火気が発生するガスストーブ、石油ストーブを置かない事。
    (電気ストーブも極力置かない。)
  • バルコニーなどに置いているポリバケツのゴミ入れもこの線上に抵触しない様に配置する事。これは知っていれば簡単に出来る風水、家相学としての知恵です。
  • 正中線四隅線に抵触した場合は盛り塩やサンスベリアで浄化しましょう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆