輸入住宅

A1・鑑定相談




  • 我が国で最初に輸入住宅が建てられたのは、明治の後期、東京に「あめりか屋」を橋口信助が設立しました。
    アメリカからコテイジ等の組み立て住宅の輸入、販売をはじめたのが始まりです。歴史的には100年弱です。
  • 輸入住宅が工法的に凶相だというのは何の根拠もありません。
    ただツーバイフォー工法の場合はプランの間取りの区画割りが制限されてきますので、そこだけは注意が必要となります。
  • ツーバイフォー工法となると家相を吉相に企画するには
    建築的に専門的な技術が必要となります。
    建築工学に無知な占い師はこの点で輸入住宅を毛嫌いしているのでしょう。
    間取りを指導したくても出来ないのですから「輸入住宅は凶相」と切って捨てるわけです。
    一級建築士が精査して吉相に仕上げれば何の問題もありません。
  • 2000年前の中国に始まり江戸時代中期に確立された家相の中に輸入住宅の定義など、有るはずもなく、全くの迷信です。
  • 建築工学の知識のない占い師のような輩のいう事は「輸入住宅は工法がツーバイフォーと言う外国の工法なので日本の在来工法じゃないと家相的に良くありません・・・」云々。
    惑わされないように注意する事。

    • 戻る


      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆






☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆