風水・玄関

風水・玄関

玄関
  • 現在、日本で風水は八宅派の風水が主流となっています。
  • 八宅風水は諸派の中でも、比較的難解ではありません。
    素人の方でも地域のサークル等で八宅風水を学べば、短期間である程度の概要は理解可能です。これが主流になった要因だろうと思われます。
  • 八宅風水は基本的には生年月日と方位に依って診断します。この八宅風水を基に玄関を解説します。
  • 風水では玄関は家屋の中でも重要な用途の一つです。
  • 玄関からは家屋の核となる「」が入ってきます。
  • 玄関の間取りを配置する際には、まず主人の本命卦を調べて下さい。その本命卦の吉方位に玄関を配置すれば運気上昇です。

    • 本命卦の吉方位は、生気・天医・延年・伏位
      ですが玄関の最大吉は「生気」です。
    • 本命卦の凶方位は、絶命・五鬼・六殺・禍害
      玄関の最大凶は「絶命」です。
  • 玄関は最重要の用途となりますので、配置は「生気」を包含する事が肝要です。
    主人の「気」が整い本来の性格の長所が活かされ家族総体の運気が上昇します。
  • 新築の場合は風水でこの玄関の「生気」の配置から決定してプランを進めて下さい。
  • 既存の住宅を風水鑑定して、玄関が凶に配置されている場合は、風水では「化殺」という
    方法で凶意を緩和します。






◆生気

  • 生気」の方位は「気」が活性化する方位となります。
    玄関は「生気」を用いると、運気も活性化し対外的にも他者との関係が好転します。
  • 主人はもちろん家族の健康面では、心身共に次第に上昇ベクトルを描き始めます。
  • 又、仕事面での好調の回復や、険悪な状態に陥った友人や親戚との関係も、
    良好に転じます。
  • そして悩みの種だった家族の関係でも。夫婦や親子間の断絶が徐々に解消していきます。
  • 今まで良好な関係を保ってきていれば、より一層の親密な関係が築いていけます。
  • という事は風水ではまず第一に、
    玄関を「生気」に配置する事から間取りプランを始めなければならない
    という事がお解りだろうと思います。



◆絶命

  • 玄関を「絶命」に配する事は必ず避けなければなりません。
  • 既存の家屋で風水鑑定の結果で、「絶命」であった場合は「化殺」で凌ぐよりも
    リフォームして間取り替えする事をお勧めします。
  • 「絶命」は最大凶でこれを玄関に配すると、あらゆる災禍に家族がみまわれます。
    重篤な健康面の悪化、子孫の断絶、資産の流出、対外的な関係性の破綻、
    情報の漏洩、破産。
  • 特に、主人に対しての凶意は強く働きますので吉相にリフォームすることが肝要です。
  • リフォームには時間もかかりますので、それまでの期間は「化殺」の法を
    主人自らの手で実行して下さい。
  • 「化殺」の法は下記に示します。

◆玄関の化殺の方法

  • 既に建っている家屋の玄関が、風水鑑定してみると凶だった。
    これはこのまま放置していると、家族を取り巻く運気が住み続ける事によって
    益々下降の放物線を描きます。早期に「化殺」の法で対処する事が肝要です。



 盛り塩

  • 盛り塩のセットが市販されていて通販でも入手が可能です。
    これを玄関ドアの吊元に配置して下さい。
  • 玄関の外側に置くのが基本ですが、設置が困難な場合は内側でも結構です。
  • 玄関の盛り塩は毎日少なくとも三日に一度程度、主人の手で交換して下さい。
    又、山盛りの山が崩れた場合はスグに交換して下さい。
  • 塩を廃棄する場合は、必ず台所の水道水で流して下さい。
  • 風水の「化殺」には他にも、水晶・観葉植物・八卦鏡・四神獣の置物
    等がありますが、玄関に最も適当なのは「盛り塩」です。
  • 「化殺」を用いた凶意の軽減法は重要ですが、風水は何より「気」が
    濁ると化殺法が活きません。化殺法を活かすには日々の整理整頓、掃除を
    怠らないことが基本です。
  • 採光が乏しい玄関であれば照明を明るくして、上框の部位には
    手摺かベンチを設けて、事故が起こらないように心掛けることです。
  • 又、「化殺」を強化する方法としては玄関のセキュリティを万全にする事です。
    錠は電子錠が最適ですが、通常のキーであればディンプルキーを使用して下さい。
    ポーチにはダミーでも結構ですので、監視カメラを設置して下さい。
  • 自分の本命卦と各方位の自分の吉凶方位は「風水とは」のページを
    参照して確認して下さい。

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆