家相、風水、鬼門診断をマンションや住宅の間取りから診断致します。建築士が風水家相鑑定を行う設計事務所です。無料相談受付中。

気の流れ

気の流れ

  • 家相 風水では気の流れが重要です。
  • 建築学でも居室については、床面積の1/20以上の換気開口面積を
    とる事が定められています。
    これは最低限の生活環境を守るための基準です。
  • 風水とは、その起源から気の流れを重視していて
    まさに古の建築基準法だと言えるでしょう。

気の種類

  • 風水の「気」とは、この混沌の世界をノモスとして現出させるエナジーの事を指します。
  • 家相 風水では気の流れの重要性を説いていますが、
    気と言っても様々です。良い気もあれば悪い気もある。
  • 家相の基本は良い気は取り入れ、悪い気は防ぐという事です。
  • 陰陽五行説によれば、世界は陰と陽から構成されていて
    全てのものは陰と陽にカテゴライズされます。
  • この「陰」と「陽」のバランスが崩れれば世界は崩壊へと向かいます。
    家相 風水はこのバランスをいかに充実させるかを追求した学問です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

有機体と無機体

  • 物質は有機体と無機体に分かれますが、さて人間はどちらでしょう。
  • 人間の体は70%の水やその他の無機物で構成されていて、
    有機物は20%です。であれば人間は無機体に近い存在でしょうか。
  • そういう短絡的な事にはなりません。
    大半を無機物で構成していますが常に活性化を続ける
    生成する有機体といえます。
  • 無機物を陰、有機物を陽とすれば人間は
    自らそのバランスをとりながら生成する存在です。

気の働き

  • 物質はは有機体と無機体にカテゴライズされると言いましたが、
    さて「気」はどちらに属するでしょう。
  • どちらにも属しません。
    物質は有機体と無機体に分かれますが、その上のヒエラルキーになれば、
    世界は物質と空間にカテゴライズされます。
  • このヒエラルキーでは、物質が「」で空間は「」です。
  • だとすれば家相 風水で説く「」はどちらに属するでしょうか。
  • 答えはどちらにも属します。
    家相学でいう「」は、物理学で定義される「空気」ではありません。
  • 依って物質の中でも、例えば水の中でも木の中でも「気」は流れます。
    更に言えば人間の身体の中でも「気」は絶えず流れています。
  • この「気」をバランスさせコントロールすれば、
    生成がより良く活性化していきます。

家屋の気の流れ

  • 基本的には悪い気は防ぎ良い気は取り入れるという事ですが、
    では家屋にとっての悪い気をどう防ぐか。
  • それには用途別の各々の部屋を吉方位に配してドアや窓の位置も
    吉方位に配すという事になります。
  • 特に玄関の配置と玄関ドアの配置は重要です。
  • 玄関の吉方位は「南東」が最良ですが、
    玄関ドアは「南東」の「四隅線」に
    抵触しないように配さなければなりません。

  • 玄関スペースも他の部屋に応じた広さに計画しないと、
    ただやたらに広ければいいと言うものではありません。
    家相とは」のページに記述した「五虚五実」に照らして
    バランスよく計画する事が大切です。
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ページのトップへ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional