家相、風水、鬼門診断をマンションや住宅の間取りから診断致します。建築士が風水家相鑑定を行う設計事務所です。無料相談受付中。

2016年今年はどんな年?

2016年今年はどんな年?


  • 九星気学では中宮に二黒土星が回座します。
  • 2016/2/4~2017/2/3 (年家九星は二黒土星)

2016年の中宮回座は【二黒土星

二黒土星


2016年(2017/2/3迄)方角

  • 今年の吉方位は基本的には、自分の本命星や月命星を考察して吉日を決定し
    旅行や転居移動方位取り、祐気取りを実行して下さい。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  • 今年の年盤でみると中宮に二黒土星が迴座するために
    大凶となる五黄殺は北東方位です。
    暗剣殺は南西方位です。北東は歳破でもあり大凶方位となります。要注意。
  • この年回りは北東方位と南西方位の転居移動などは極力避けて下さい。
  • 2月5月11月は凶殺が重なります。避ける事が賢明です。
  • 特に「北東」は歳破とも重なります。
    更に二黒土星は季節では「晩夏」で自然では「大地」です。
    この吉凶は他の象意に連関し吉に働くか凶に働くかは方位を取る場合には
    精査するべきでしょう。特に自然の象意の「大地」は注意が必要です。
    これは凶殺注意の5月と重なります。
  • 故に、5月の北東や南西方位への移動は自分の本命星と連関させた方位診断で精査する事。

◆五黄殺「北東」方位の注意点

  • 今年の象意と方位の吉凶を照合しますと北東方位は象意の「売買」と
    二黒土星の自然分節の「大地」が連関し凶作用にて働きます。
  • 故に土地が、自宅から「北東」方向の不動産売買は極力注意して下さい。
  • 特に5月はこの方向の土地売買は要注意。
    自分の本命星方位と連関させて方位診断が必要です。

◆暗剣殺「南西」方位の注意点

  • 今年暗剣殺の南西方位は後天定位でも二黒土星です。凶意の増幅が作用します。
  • 家族定位で「主婦」にカテゴライズされるかたは、今年何か新しい事を南西方向で始めるのは避けて下さい。特に就職先や仕事を新しく取引開始する場合は南西方向は注意して下さい。

転居移動

  • 今年の旅行や転居移動方位取りは、事情により止む終えず年盤で凶殺方位に転居移動する場合は月盤、日盤を診断して方位取りを行う事。
  • 二黒土星は季節でいえば「晩夏」です。
    今まで準備を進めていた新規事業新築計画は今年中に完了する工程で進めて下さい。来年(2017年2月4日以降)に掛かるようであれば中止も考慮に入れて判断する事。

2016年象意

  • この世の天地万物は、宇宙からのパワーにより地球が磁力を帯びて発する「気」によって構成されています。
  • 気学ではこの気が9種類の星(九星)として分類され、それぞれに異なる性質や法則性を有していると説いています。
  • そして、この九星にはそれぞれ相性があり、それぞれの組み合わせによる微妙なバランスにより万物の生成消滅が決定付けられています。
  • 九星が持つ意味は、象意(しょうい)と呼ばれ家相学や風水にも反映されています。

今年2016年の星【二黒土星】の象意:(南西)「大地」{晩夏

母、従順、平凡、労働、努力、頑固、油断、辛抱 、胃、老女、主婦、迷い、安静、温厚、丁寧、倹約、謙虚、飼育、慎重、柔和、準備、嫁ぐ、収集、鈍重、心労、勤勉、技芸、、受ける

2016年二黒土星の相生相剋(そうじょうそうこく)

  • 相生とは、「木は火を生じ、火は燃え尽きて土を生じ、土は金を生み、金は冷えて水となり、水は木を育てる」という、相互扶助の関係をいいます。
  • 相剋とは「木は根を張って土を制し、土は水を抑え、水は火を消し、火は金を溶かし、金は斧となって木を砕く」という、相互拮抗の関係です。
二黒土星相生・祐気相剋・剋気
吉凶生気(大吉)比和(中吉)退気(吉)殺気(凶)死気(大凶)
 相性星九紫八白六白・七赤一白三碧・四緑

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ページのトップへ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional